「自由」を感じるために必要なモノ

Pocket

20代の頃の僕は
「自由」って時間がいっぱいあるとか
好きなモノが何でも買えるとか
そういう事だとずっと思っていました。
もちろん、それも「自由」である事に
変わりはないのですが、
最近、「自由」に対しての考え方が
変わったきたんですよ。
普段、いろんな人を見ていて、
「時間がたくさんある」という人が
必ずしも自由(個人的な感覚)に生きてるようには
見えないんです。
毎日、本当に忙しくしている人でも
「自由」を感じる人もいます。
子どものために子育てセミナーに
参加したり夢中に何かに取り組んでいる人を
見ると、とても「自由」を感じます。
毎日、自由な時間があるという人は
あまりに当たり前過ぎて、
中々、自由を感じる事が出来ないと思います。
例えば、白を目立たせるためには
背景を黒にするように相反する何かが
ある事でしか際立たせる事は出来ません。
自由を感じるために
ある程度の不自由な時間があるからこそ
自由を感じるモノだと思います。
普段、本当忙しくて子どもと遊ぶ事が出来ない
お父さんの方が、たまの休みに子どもと行く公園での
時間に充実感を感じるはずです。
単身赴任で1年間、子どもと会えなかったお父さんは
なおさらの事でしょうね。

【自由を感じるために必要なモノ】

そうなると世の中の不自由さや
一見、マイナスに感じる事も
自分の時間を際立たせるために
必要な時間だという事になりますね。
白を目立たせるためには、背景を灰色にするよりも
黒の方が良いように
真逆であればあるほど際立ちますね。
時間がたくさんある「時間的な自由」
自由に使えるお金がたくさんある
「経済的な自由」など「自由」にはいろいろあります。
また、精神的な部分の「自由」もあると思います。
時間がたっぷりある方が
本当の意味で「自由」を感じているとは
限らないと思いますし、
毎日、本当に忙しく生活している方の中にも
「自由」を感じている方はいると思います。
実際に僕も結婚して、子どもが出来て
独身の時よりも時間的、経済的な「自由」は
なくなったはずです。
ですが、精神的には今の方が
大きな「自由」を感じます。
自分で選んだ人生の中で
少なからず人の役に立ち、責任ある立場にいる事で
生きる上でのやりがいを持ち、
日々活動していると感じているからです。
人それぞれ「自由」の感じ方は
違うと思いますが……..

自由とは固定的ではない

これまでお話した事を踏まえると
「自由」は良くて
「不自由」は悪いモノ
という事ではないような気がします。
また、自由とは固定的ではなく
同じような毎日を過ごしても
人生の中で自由を感じたり
感じなかったりしますね。
「自由」を本当の意味で感じるためには不自由な
時間が必要であり、その中でしか本当の自由はないかもしれませんね。
あなたにとって「自由」とは何ですか?
The following two tabs change content below.

新里 哲也

☆地域活性化ブランディングプロデューサー ☆名刺マーケティングコンサルタント  (名刺マーケティング学創始者) ☆ラジオパーソナリティー(ビジネス天国沖縄)  FMぎのわん、FMコザ2局放送 ☆サンキャッチ企画代表 講演、イベント・講演会企画個人、企業プロデュース コミュニティラジオプロデュース ラジオ番組【ビジネス天国沖縄】2局放送(FMぎのわん、FMコザ) 毎回、各分野で活躍する方々を全国からお迎えして秘密のノウハウや 経験をお聞きするトーク番組のパーソナリティ 安定した仕事に長年努めた後、退職して独立するが........ いきなり、口座残高6円、手持ち110円となる。 「金なし、コネなし、実績なし」状態から 「謎のお金持ち」との出会いから流れが一転する 講演実績 東京、大阪、福岡などでの講演多数 各商工会議所、厚生労働省地域雇用創造事業講師、中小企業家同友会、経営者モーニングセミナー倫理法人会(25回)、沖縄国際大学、ルーキービジネスセミナー(県立博物館)各種団体、民間企業より社員研修、講演依頼多数。自主開催セミナーは300回以上。 さらに詳しい物語含むプロフィールはこちら↓↓↓
プロフィール
【プロフィール】 ☆地域活性化ブランディングプロデューサー ☆名刺マーケティングコンサルタント  (名刺マーケティング学...
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。